鍵開け

自動施錠のドア 開錠と交換

U9シリンダーの開錠と交換

 写真に写っているシリンダーは美和のU9DZです。 そして自動施錠になっていて、扉を閉めると何もしなくても鍵がかかります。自動施錠でよくあるのは「うっかり中にカギを置いたまま外に出てしまって中に入れなくなる」事なんですが、今回はカギを失くしてしまったので開けて欲しいとの依頼でした。お店の横にある空き部屋、外に向かってある扉なので汚れて少し錆びてしまっています。ガラス扉でドアスコープや窓もありません。U9はピッキングが出来ないシリンダーなのでこの時点で開ける方法は壊すしかありません。ただ、壊すといっても2通りあります。まずカラーだけ壊してシリンダー部分を残します。 開錠後カラーだけ新品に交換して元のシリンダーはそのまま使用、この方法だと失くしてしまったカギが見つかった時にそのまま使う事ができます。もう一つは壊した後全て交換、これだと失くしたカギが外部の人の手に渡っていたとしても新しい鍵になっているので問題ありません。

 今回は壊して交換になりました。交換した方が安心だし、カギも3本つくからちょっとお得?なので。では作業開始、壊す為の道具の電源は車からとります。どんな場所で依頼が入るか分からないので、いつでも車から電力をとれるように準備しています。車には色々な機械も積んでるし、お店ごと移動しているようなものですね。

 さて、開錠作業は順調に終わり交換作業にうつります。DZシリンダーは他のシリンダーと交換方法に少し違いがあります。まず、シリンダーを外すのにカギが必要で、つけるのにもカギが必要なのです。なので新しいシリンダーをつける前にお客様に許可をもらってカギの封をきり1本お借りしてから作業します。他の鍵交換には必要ない事ですがこのDZCYには絶対に必要になりますので、もし交換する事があればご了承下さい。