施工例

金庫 テンキー式

 金庫 テンキー式 八万ロックシリンダー

 金庫が欲しい時何処で購入するか、鍵屋だったりホームセンターだったり、今はインターネットで通販する方が多いですかね?通販で届くと説明書を見て自分だけで理解して使っていかないといけません。今回はそんな状況でおこった金庫の開錠依頼のお話です。

  写真の金庫はテンキー式、0~9のボタンで暗証番号を入力して開錠するタイプの物で、暗証番号は届いたばかりの時は初期設定になっています。開錠した状態であれば好きな番号に変更可能です。レバーとボタンの間にある丸い穴が鍵穴で八万ロックと言います。普通のカギと違って円柱の様な形ですね。

 ただこのカギは普段は使いません。ん?どうしてかって?なぜなら暗証番号のみの使用で開錠できるからです。暗証番号を知っていれば誰でも開錠可能なので複数の人で使うことが出来ます。では、鍵穴はなぜついているのか?答えは・・・緊急時に使います。この金庫は電池式なので電池交換を忘れてきらしてしまう事もあるでしょう。電池がきれるとテンキーが反応しません、つまり開かない。又は暗証番号を忘れた場合、もちろん開かない。若しくは内部にある基盤の故障で、やっぱり開かない。そんな時にこのカギがあれば開錠出来るのです。もちろん普段使っても問題ありません。 

 ちなみに今回の金庫は別々に開錠できるタイプですが番号とカギの両方共に必要な金庫もあります。

 今回の依頼のお客様は普段はテンキーのみの使用だったのですが・・・予想つきますね?そう、普段は使わないカギを金庫の中に仕舞っていたんです。うんでもって暗証番号がわからなくなった~~~と😥 開錠は八万ロックの鍵穴を特殊工具でピッキングして開けることが出来ますが・・・本当に本当にカギの保管場所って大事だよ